学生のみなさんへ

学生さんにつたえたいこと

私が社会保険労務士となり開業した年から、毎年少なくとも3~4回、定期的に大学で講義や実体験をお話する機会をいただいています。2018年からは、岐阜県社会保険労務士会の事業として、岐阜県内の高校生向けに「社会に出る前に知っておきたいこと」をテーマとした出前授業を行っています。

今は楽しい学生生活を送っている、もしくは嫌々ながら学生生活を送っている、みなさんそれぞれですよね。ただ、誰にとっても、いつかは「社会に出る」ことに直面します。

私は社会保険労務士となる少し前まで、ハローワークの相談窓口で窓口対応をしていました。ハローワークは国の機関の一つで、安定した就職の支援をするところです。仕事を探すところ、というと分かりやすいと思います。私が担当していた業務は、仕事を探している方が採用面接に申し込むまでのお手伝いです。会社とのやり取りもあります。その業務の中で直面したことは、年齢を重ねれば重ねるほど、転職のハードルは高くなっていくという事実です。

今、社会保険労務士として主に会社側の採用のお手伝いをしたり、私のところでも人を採用していたりする中で感じるのは、採用したい、と思える方に共通しているのは「素直」「謙虚」「あいさつができる」ということです。あとは業種によって求める資格だったり経験だったりが異なります。

まだ若い皆さんが若いうちにできること、それは色々経験して失敗してみることだと思います。「中学不登校」「高校中退」、「転職歴・経験職種合計10以上」、「20代で失業保険2回受給」などなど、見方によっては失敗の人生だと思われるかもしれません。ただ、私自身がこの経験をしてきているからこそ、今の仕事に生かせていると思います。色々経験できてよかったと本当に思います。

学校で教えてもらえることについては限界があります。特に社会に出てからのビジネスマナーやワークルールなど、キチンと教えてくれる機会は私にはありませんでした。あの時にこの知識があったらな、あの時にあの人にこの情報を伝えていられたらな、と思うことが多々あります。

今は大学での講義で自分の経験や考えを話し、「20代のうちにやっておくべきこと」を皆さんに伝えています。この機会も少しずつ増やしたいと思っています。これを読んでいる学生のみなさんに、どこかでお会いできることを楽しみにしています。

学生向けコラム

記事は見つかりませんでした。

タイトルとURLをコピーしました